中国事業再編・撤退サポート

日本企業の対中投資はこれまで幾度かのブームを経験し、安い人件費を背景とした従来の輸出加工型ビジネスは完全に曲がり角を迎えています。かつての投資ブーム時に中国進出を果たした多くの日本企業は、近年の人件費の高騰や経済成長の鈍化の中、中国市場への内販へと舵を切り、さもなくば従来型のビジネスのままでいつまで中国事業を継続できるかといった難しい判断を迫られています。 中国事業の大きな転換、或いは年々変化する事業環境への対応のためにグループ内での組織構造の効率化やスリム化を図ったり、または中国事業での先行きを見通せない状況下で中国子会社の持分を売却する、或いは清算するといった中国子会社の再編は全社的な観点からも大きな経営上の意思決定であることは間違いなく、これらを実行するためには事前の綿密な検討と実行時に生じるトラブルへの柔軟な対処が欠かせません。 弊社では貴社の中国事業再編のご検討に際し、ゼロベースで最適な方法を共に検討し、過不足なくその問題点やメリットをお伝えすることにより想定外のリスクを最小化することで貴社の意思決定のサポートをさせていただきます。加えてその実行段階においても合弁相手や政府当局といった第三者との交渉、手続書類や本社用報告書類の作成、実際の手続きに至るまでワンストップで支援いたします。

  • グループ内資本再編サポート
  • 中国子会社移転サポート
  • 中国子会社持分譲渡サポート
  • 中国子会社清算サポート